三浦農場の思い

つらい農作業をやりがいに変えるPART1

農作業の中には、どうしても単調な仕事があります。草取りだとか、長時間のトラクターによるハローがけなど、いろいろです。しかし、その単調な仕事を、やりがいを持った仕事に変える方法を紹介したいと思います。
<目標を強引に設定する>
ビートの苗を育てている時に、根の生育をよくするために苗ずらしという作業を行います。この作業は、苗をずらすというただそれだけの単調な作業なんだけど、とても時間のかかる作業で うちの場合はまる二日かかります。ヒエー、しんどいなこりゃ!
そこで、僕はこのような工夫をします。30分程度で終わる作業量の到達点に目印を置きます。ストップウォッチで時間を計り、その仕事量を30分以内で終われば自分の勝ち、30分を過ぎれば自分の負けとします。やってみると、意外に本気になり、作業スピードが格段にアップします。心の中は、勝負に勝つという目標で満ち溢れるので、暇だとかしんどいという感情はまずあり得ないです。
<ご褒美を設定する>
前述の目標点に達したら、自分にご褒美をあげるといいです。ジュースを飲むとか飴をなめるとか・・・。僕の場合、たまにですが、トイレに行くなんていうのもあります。(”ぼうこう”が弱い人はマネをしないでください。)

つらい農作業をやりがいに変えるPART2

仕事のやり方に対して、自分自身が主体的になっていろいろ工夫すれば、仕事にやりがいが出てくると思います。どんなに単純でつまらない仕事でも、突き詰めるととても奥が深いです。やり方ひとつで、質と能率が大幅に変わります。これは、ゴルフというスポーツ一つとっても、フォームや打撃方法で結果が大きく変わるのと同じです。
それでは、仕事における体の動かし方について、どのように考えたらいいか説明しようと思います。

<第1段階 仕事を覚える>
まずは、仕事の手順を覚えましょう。最初だけは、仕事の能率がゆっくりでもかまわないので、丁寧にやった方がいいと思います。それと、今やっている仕事の質は、どの程度まで求められているのか、リサーチできたらなおいいと思います。

<第2段階 パターン化する>
仕事の動作のひとつひとつをパターン化しましょう。たとえば、スコップで土をすくって別の場所に投げる仕事でも、立ち位置・スコップを突き刺す角度、腰の使い方次第で、能率や体への負担が大きく異なります。
僕は、あらゆる仕事をパターン化するのが好きです。それこそ、ハシゴを登る動作にしても、右足から登るのか左足から登るのか、突き詰めて考えます。機械作業でしたら、ボタンを押す順番まで 最適な方法を突き詰めて考えます。

<第3段階 省略できないかどうか考える>
ある二つの動作を一回の動作で済む方法はないか?ある動作を省略するのは可能か?思索します。ただしこの場合、仕事の質を低下させることはないかどうか注意します。また、仕事の質が低下しても、それは許容される範囲かどうか、よく考えます。

つらい農作業をやりがいに変えるPART3

第3段階まで行きましたよね。では続き、行きます。

<第4段階 体で覚える>
今まで、頭で考えてきた「このやり方でバッチグー!」という仕事の手順を、何度も何度も行うことにより、自然と体で覚えさせます。この時点で、あなたは仕事を身に着けたということになります。ここまで来たら言うことなしです。がしかし・・・、上には上がいます。

<第5段階 さらにブラッシュアップ>
仕事をやっていて、ごく一定の割合でミスが生じる場合があります。よく発生するミスの対処方法を、「こうなったら次はこうする」とパターン化して、迅速に適切に対応するとさらに達人になれます。平常時の仕事のパターン化は、時を重ねればだれでもできますが、非常時における迅速な対処は、よっぽど経験を積んだ人か意欲のある人にしかできません。ここの部分で凡人か達人かの差が出てくると思います。


Copyright(c) 2012 三浦農場 All Rights Reserved.