小麦とは?

小麦は、ほとんどが小麦粉として使用され、パン、麺類、お菓子などの原料になります。従来、国産小麦はうどん用途がほとんどでしたが、近年、国産のパン用小麦品種の作付けが急速に増えつつあります。

三浦農場の小麦の特徴
・パン用品種を含め様々な品種を作付け
(きたのかおり)
 パンにしたときに、もちもち感があり、たいへん香りにすぐれるパン専用小麦の品種です。
(ゆめちから)
 近年でてきた、パン用小麦の有望品種です。キタホナミ等とブレンドすることで、パンがふっくら膨らむすばらしいパンができます。
(きたほなみ)
 主に中力粉の原料になるうどん用品種です。色白のうどんができあがります。また、とても収量性にすぐれた品種で、日本の食糧自給率に貢献します。
(はるきらり)
 春まきのパン用品種です。穂には髭がある品種で、輸入麦に匹敵する製パン性にすぐれた品種です。
・肥培管理
小麦が元気いっぱい育つよう十分に肥料を施す一方、過剰な施肥で倒伏にならぬよう、適性な肥培管理を心がけています。
・適期作業
適切な時期に播種が行えるよう、トラクターを含む作業機の設備環境を整えています。また、収穫時には、2台の輸入コンバインで適期収穫をこころがけています。


Copyright(c) 2012 三浦農場 All Rights Reserved.